理事長挨拶

理事長就任のご挨拶

海津亜希子

海津亜希子

 2022年6月より,一般社団法人日本LD学会理事長に就任いたしました。
 みなさんと一緒に,未来へと拓かれる学会にしていきたいと思います。

 さて,ここからは理事長職2年間に着手したいことです。

 一つ目は,少人数の会員から誕生した本学会ですが,今や1万人を超える会員数となりました。このような大きな学会になるに連れ,いろいろと課題も見えてきました。その一つに,物事の決定プロセスが明確に決まっていないことがあります。そこで新たな委員会を立ち上げ,規約等の見直し,整備を行っていきたいと考えています。これが進めば,今後の学会に関わる執行業務が随分とスムーズに運ぶと思います。未来へと引き継いでいく学会体制をより持続可能なものにするための大切な取組です。

 二つ目は,学会の各種委員会と連携して,研究活動,実践活動をより充実させるためのお手伝いをすることです。例えば,昨今研究において不可欠な倫理に関する本学会としての整備を一層すすめていきます。また,学会の顔ともいえる学術誌「LD研究」の査読体制の改善や英語論文の受付等についても展開していきます。広報活動は,会員のみなさんと学会をつなぐ大切な窓口ですね。少しでもわかりやすい情報発信をめざし,ホームページのリニューアルも検討しているところです。その他,アクセシビリティやLD-SKAIPなど,本学会ならではの貢献もあります。既に学会内に組織された各種委員会のみなさんがご尽力しておられます。

 三つ目は,先のこととも関連しますが,未来の教育を見据え,本学会だからこそできることはないか・・・例えば,通級指導教室の教員になることを希望している人が,その通り通級で力を発揮できる仕組み,免許制度の在り方等,納得のいく教育環境を構築するためのビジョンを学会内で語り合い,未来の教育への布石を打てないかと考えています。

 とここまでは具体な話をしてきましたが,心情的なところで表せば,「人を大切にする学会」「困っている人を本学会の活動によって少しでも救うこと」をめざしたいと思っています。学会に参加したり,雑誌を読むことで,新たな光が見えてきたり,同じ思いの人がいることに気づき勇気づけられたり。LD学会という空間で,それぞれが,それぞれの持ち場でできることをしながら子どもたちの幸せを実現していくこと。それを喜び合えること。そして互いに尊重し合えること。そんな学会になったら素敵ですね。

 就任して間もないですが,試練,勉強の連続です。既に様々な課題に直面しています。その度に,学会新執行部のみなさんをはじめ,学会との両輪である一般社団法人特別支援教育士資格認定協会の執行部のみなさん,本学会を大切に思われている多くの方々にお力をお借りしながら何とかやっています。

 ホームランやヒットは打てませんが,何とかバントで次に良い形でつなぐことができるようチャレンジしていきます。

 最後になりましたが,いつもこのような私を鼓舞激励してくださる初代理事長上野一彦先生,前理事長柘植雅義先生に感謝をこめて。

2022年9月

日本LD学会について

日本LD学会について

PAGETOP
Copyright © 一般社団法人 日本LD学会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.