このプログラムは、子どもが示す困難さについて、焦りや苛立ち、不安などをあわせて心理的に体験することによって、子ども理解を深めることをねらいとしています。
「読む」「書く」「計算する」「聞く」「話す」「不器用さ」の6つの領域について①体験②ディスカッション③解説の3段階でプログラムが構成されています。
適切な支援は、子どもを理解することから始まります。是非、ご活用ください。

※プログラムキットのお申込みです。講習会・研修会ではございません。

※本プログラムをご使用されるにあたり、附属ソフトのインストールが必要となります。
ご購入の前に、附属ソフトの動作環境等について必ずご確認下さい。

チラシは、こちら
附属ソフトについての説明は、こちら

申込方法

対象:一般社団法人 日本LD学会 会員 限定
申込開始:2016年2月20日(土)10:00~
申込方法:マイページ よりログインし、「大会/研修会情報・申込」よりお手続き下さい。

(推奨)公的な研修会で講師として使用をされる方へ

本プログラムは公的な研修会で講師として使用される場合は、指導者講習会を受講されることを推奨しております。
研修会は各地で随時開催予定です。詳細につきましては、一般財団法人 特別支援教育士資格認定協会HP をご確認ください。